Close Menu

RAINOチャーガ ティーとRAINOチャーガ ティー コンセントレート

RAINO チャーガ ティーとRAINOチャーガ ティー コンセントレートは、酪農業界で操業する Kouvola Herkku Oy の工場で生産されています。これらの製品は、特別にデザインされた抽出プロセスによって生産されています。すべての品質要件を満たす、フィンランドで収穫されたチャーガのみを原料として使用しています。これに加えて、製品はテトラパック包装で無菌包装されており、24カ月の賞味期限が保証されています。

そのまま飲めるRAINO チャーガ ティーはそのままで楽しむことも、カップに入れて加熱することもできます。チャーガ ティー コンセントレート 200 ml は量がたっぷり。お湯か水を入れたカップに、大さじ1杯のコンセントレート(濃縮物)を入れるだけ。濃縮物は、他の飲み物や料理にも加えることもできます。

チャーガ キノコ – カバノキの樹皮につく興味深い黒い菌類

チャーガキノコ (Inonotus obliquus) はよくある腐生性のキノコであり、北部森林地帯のカバノキや他の落葉樹に生育します。
チャーガは抗酸化物質が非常に豊富で、いわゆる薬用キノコのグループに属します。数種類の抗菌、免疫刺激、抗炎症、疼痛緩和、抗腫瘍特性があることが報告されています。チャーガマッシュルーム使用の人気は、時間が経った今日にも褪せることはなく、引き続き話題の成分となっています。

生理活性化合物の形成の仕方

チャーガ マッシュルームと木の間で、生存の戦いに似た競争が行われます。チャーガ マッシュルームは、寄生のターゲットである「被害者」の木を破壊しようとし、その木は、チャーガ マッシュルームの成長を抑制して破壊しようとします。数百万年の進化の間に、チャーガマ ッシュルームと寄生されるホストツリーの間のこの対立の結果と、2つの種の間の化学的な戦いにより、チャーガ マッシュルームは200以上の化合物を形成するに至りました。このうちの数十は、生物学的に活性な効果があることが示されています。チャーガ マッシュルームは、数多くの病気や炎症の治療薬として、伝統的なくすりとして何世紀にもわたって使用されてきました。